鍼灸師として働こう!

鍼灸師は代替医療として施術が可能な国家資格です。単なるリラクゼーション目的の施術ではなく、健康回復をお手伝いできる東洋医学のプロとして認められます。資格を取得しませんか?

鍼灸師の資格を取るにはどうしたらいい?

はり師、きゆう師いずれの資格を取得するか決める

鍼灸師という資格はなく、「はり師」「きゆう師」とそれぞれの資格が必要です。国家資格では両方の受験も可能ですが、勉強をする際は進路を見据えて勉強をします。

大学入学資格があるか確認する

大前提として学歴が求められます。一番の大前提は「大学入学資格」です。つまり学校教育法で定められている高等学校の卒業資格もしくは高認資格が必要になります。

鍼灸専門学校に3年間以上通う

鍼灸専門学校の入学は高卒資格が必要です。受験資格を得るには、鍼灸専門学校に入学し、専門的な事柄を履修する必要があります。

鍼灸学科をもつ4年制大学か3年制短大を卒業する

医療系の大学に併設されている鍼灸学科か、3年制の短大の鍼灸師養成学科に入学し履修し卒業しなければ受験資格は得られません。

はり師・きゆう師国家試験を受験する

受験資格が整ったら国家試験の受験ができます。合格しなければ施術を行うことはできません。

活躍する場は広いです

治療

鍼灸師とははり師ときゅう師を合わせたものであり、鍼や灸をつかって体の不調を治す人のことを指します。医療用の針を用いて体に点在するツボを刺激し、さらにモグサと呼ばれるヨモギを乾燥させたものをツボにのせて燃やして温めます。ツボを刺激することで然治癒力を高めるため、体の不調を治すだけではなく、病気の予防や健康回復にも効果があるといわれています。神経痛や腰痛や冷えなどに効果があり、高齢者などで鍼灸師の治療を受けるケースが多いです。また、鍼灸師が行う治療は副作用が少ないと評判であり、大人だけではなく子供に対しても行われることがあります。さらにトップアスリートの中でも、鍼と灸の処置をする人もいて非常にニーズが高まっています。

資格取得のために学校を活用する

模型と鍼灸師

鍼灸師は、はり師ときゅう師の両方の国家資格を有する人たちを指します。そのため、それぞれの国家試験を受験して合格になければなりません。国家試験を受験するためには、専門学校や大学など国が認めている養成機関で所定の単位を修めて卒業する必要があります。専門学校でも3年間は学ばなければならないため、鍼灸師として勉強する内容は非常に多いです。全国各地に鍼灸師関連の学校はあるので、資料請求などして自分に合ったところに入学してみましょう。

国家試験の合格率

鍼治療する女性

近年の医療は西洋医学だけではなく、東洋医学も取り入れた総合医療に注目が集まっています。東洋医学の一分野として鍼灸治療があるため、今後も鍼灸師が活躍する場は広がるといわれています。鍼灸師ははり師ときゅう師の国家資格を取得する必要がありますが、気になるのがその合格率かもしれません。2018年におけるはり師の合格率は約76%、きゅう師では約78%でした。年度ごとに合格率に差はありますが、概ね60~75%前後を推移しています。国家試験に合格するためにも、学校でのカリキュラムをしっかり消化する必要があります。

鍼灸師を目指し専門学校で学ぶ

広告募集中