【Jリーグ】スタジアム観戦者調査2017サマリーレポートを「更にサマってみた」

Jリーグがスタジアム観戦者調査(2017年版)を公開してました。 ということで全65ページに渡る調査報告を軽くサマってみました。  

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20180811135526j:plain

※参考:Jリーグスタジアム観戦者調査2017サマリーレポート 対象:11歳以上の男女個人:17,638名

  • 平均年齢42.1歳
    • 平均年齢が高いクラブ
      • 大分トリニータ(45.8歳)
      • コンサドーレ札幌(46.1歳)
    • 平均年齢が低いクラブ
      • 横浜F・マリノス(36.6歳)
      • 川崎フロンターレ(36.9%)
  • 年齢層
    1. 40代(26.8%)
    2. 50代(18.9%)
    3. 30代(17.5%)
  • 男女比 男性6:女性4
    • 昨年対比で女性は微増も大きな変化なし
    • J1
      • 鹿島アントラーズは女性比率:44.7%
      • 大宮アルディージャは女性比率:23.1%
    • J2
      • 松本山雅は女性比率:46.7%
      • 大分トリニータは女性比率:45.7%
      • 名古屋グランパスエイトは女性比率:25.5%
  • 観戦頻度
    • J1平均:11.6回/シーズン
    • J2平均:13.1回/シーズン
  • 観戦きっかけ
    1. 好きなクラブの応援
    2. サッカー観戦が好きだから
    3. 地元のクラブだから
    4. レジャーとして
      1. アビスパ福岡
      2. サガン鳥栖
      3. 横浜FM
      4. 松本山雅
      5. 水戸ホーリーホック
    5. 好きな選手の応援
      1. 川崎フロンターレ
      2. ジュビロ磐田
      3. ガンバ大阪
      4. アビスパ福岡
      5. 柏レイソル
  • アクセス
    • 平均所要時間:53分
      • 所要時間が多いクラブ
        • 東京ヴェルディ(111.3分)
        • 鹿島アントラーズ(106.3分)
      • 所要時間が少ないクラブ
        • 町田ゼルビア(33.0分)
        • FC岐阜(33.0分)
      • 大分トリニータ(38.0分)
  • 同伴者
    • 2.8名
    • 二人で来場する割合:43.8%
    • 家族と来場する割合:52.7%
      • 家族観戦が多いクラブ
        • Vファーレン・長崎(63.6%)
        • レノファ山口(63.2%)
    • 友人観戦が多いクラブ
      • 浦和レッズ(53.1%)
  • サポーター歴 10年以上:47.1%
  • シーズンチケット購入率:46.5%
  • チケット入手方法
    1. シーズンチケットを購入:46.5%
    2. コンビニで購入:16.2%
    3. チケットをもらった:15.1%
    4. スタジアムで購入:5.8%
    5. Jリーグチケットで購入:5.8%
    6. クラブ公式ホームページで購入:3.1%
    7. プレイガイド(店頭)で購入:1.7%
    8. 携帯電話WEBサイトで購入:0.7%
    9. 電話で購入:0.1%
    10. その他:5.9% ?
  • 勧誘行動 周囲を観戦に誘う:57.9%
    • 活発なクラブ
      • 川崎フロンターレ
      • ヴィッセル神戸
      • 松本山雅
      • ファジアーノ岡山
  • 被勧誘行動 周囲から勧誘を誘われる:37.0%
  • スタジアムでの観戦仲間がいる:56.8%
  • ネット上での観戦の仲間がいる:22.9
  • 居住地 全体の86.4%がホームタウンのある都道府県に居住
    • 首都圏、人気クラブは割合が低い
      • 東京V(52.1%)
      • 鹿島アントラーズ(54.6%)
      • ガンバ大阪(61.8%)
  • 新規参入層 全体:6.6% (2017年から新しくサポーターになった人はアンケート回答者の6.3%)
    • 東京ヴェルディ(26.8%)

個人的には観戦目的の「レジャー」というのが気になります。

レジャー目的となるためにはサッカー以外の付加価値提供が必要となります。各クラブがどのような工夫をしているのかを調査していきたいと思います。

また、チケットの入手方法も多様化してきている印象です。

実際の導線がどのようになっているのか改めて整理をしてみたいと思います。

ただ、残念なのは観戦頻度が昨年対比で減少している点ですね。

命題。Jリーグに関わる全ての人で課題解決に向かってやっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です