【JリーグSNS事情】大分トリニータ、開幕戦大勝利もフォロワーランキングは苦戦…!?

昨日のJ1開幕戦で、昨年アジア王者の鹿島アントラーズに勝利したJ2からの昇格組「大分トリニータ」。
最高の形で開幕スタートダッシュができました。

一方、ファン獲得はJ1常連クラブに実力を見せつけられている状況です。

昨年はJ1昇格だけではなく、Twitterのフォロワー獲得数・成長率でも1位の実績を叩き出したトリニータ。



「今年も順調にフォロワー数増加か!?」と思っていましたが、さすが『J1』!そんなに甘くはありませんでした。
下記の表は、『J1リーグ所属クラブ』の【昨年末と開幕戦終了時点のTwitterフォロワー数の比較(増加数順)】です。



増加数ランキングで、大分トリニータは『5位』につけています。
J1昇格、アジア王者撃破などTOPIXは多いトリニータですが、上位クラブはやはり強いですね。

3位:川崎フロンターレ

Jリーグ2連覇中のクラブです。
先日のフジゼロックススーパーカップも制覇し、ファン獲得に拍車をかけたようですね。

2位:鹿島アントラーズ

初戦に負けても、やはりアジア王者は強し。
絶対的人気クラブです。昨年のアジア王者になって以降ファンはさらに増えている状況です。

1位:ヴィッセル神戸

これは反則ですよね(笑)
VIP(David Villa Sánchez・Andrés Iniesta Luján・Lukas Podolski)の加入が大きいと思います。
今や世界中がヴィッセル神戸に注目している状況。
むしろ増加数としては少ない気がするくらいです…

と、ファン(フォロワー数)が伸びている上位クラブは世間的なTOPIXがあるクラブが独占しています。

でも、本当にTOPIXがないとファンは増えないのか!?
決してそんなことはないと思います。

現に今回『6位』につけているサガン鳥栖は、昨年フェルナンド・トーレスを獲得したもののJ1ギリギリ残留。
今年は特に大きなTOPIXはない中でもフォロワーを着実に伸ばしています。
では、なぜサガン鳥栖はファン獲得ができているのか?
いくつかポイントがあります。

ポイント1
移籍は最大のチャンス
オフシーズンは当然移籍が発生し、新しい選手がチームに加入します。
サガン鳥栖はその選手加入を活かした、ファン戦略を実施しています。
そもそも、ファンの種類は大きく二つに分類することができます。
一つはチームが好きな場合。そして、もう一つは選手が好きな場合です。
「ファンは選手を追っかけにくる」ということを忘れてはいけません。
下記はその一例です。

サガン鳥栖は新加入選手を丁寧に、一人一人紹介するという当たり前のことを怠っていません。
そうすることで、「私の好きな●●選手が加入したサガン鳥栖」というのが出来上がるのです。

ポイント2
ネタに敏感
Jリーグクラブの弱点を捉えて強みに変えているのがサガン鳥栖。
Jリーグクラブは情報収集とアクションが非常に遅い傾向にあります。
その中でサガン鳥栖は情報に対して感度が高く、ネタに変換するスピードを意識しているクラブだと言えます。
例えば、開幕前に行われたキックオフカンファレンス。
いち早くリアルタイムで動画をUPしていました。

情報発信が速いということは、当然ですが他よりも速く人の目にいきつく』ということに繋がります。
それだけリーチできるチャンスは広がるということです。
私がYahoo JAPANの編集者であれば、いち早くUPしているクラブの画像を記事に掲載します。(その後、正式な記事は違うかもしれませんが)

ポイント3
話題性をつくる
Twitterではよく「バズる」という言葉が飛び交います。
たまたまバズることもありますが、意図的にバズらせることがSNSマーケティング。
サガン鳥栖は、話題性をつくる仕掛けにも力を入れています。

こちらは新体制キックオフ動画。
なんだかふざけた顔した人が映像に出てきます。
このような企画は多くの話題性を生みます。
まさに『バズを創り出す』ことを体現しています。

今回紹介したサガン鳥栖のは例は一例に過ぎませんが、サガン鳥栖がやっていることはどのクラブでもできることです。

後は、【体制・計画・実行力・振り返り】を重要視していくことが必要なのだと思います。

縁あって私は大分トリニータのデジタルマーケティングに携わらせて頂いているので、「人口が少ない田舎クラブでもできること」というのを世間に披露していけると良いなと思います。

▼大分トリニータTwitter公式アカウント
https://twitter.com/TRINITAofficial



52歳現役Jリーガー「キング・カズ選手」を生で観戦できるのもあと僅か…??

ブログ収益最大化はサーバー選びが超重要!!収益が10倍違うこともある…

【JリーグSNS事情】大分トリニータ、開幕戦大勝利もフォロワーランキングは苦戦…!?」に2件のコメントがあります

  1. わたくし日本文理大学の4年の八田優祐です。
    記事を読ませていただきました。
    わたくしごとですが「大分トリニータの広報活動におけるSNSの活用に関する」研究を行っています。
    ぜひこの記事などを参考にしたいと思いご連絡させていただきました。
    ご協力頂けないでしょうか?

    1. 八田さん
      ご連絡ありがとうございます。
      記事にして頂いて大丈夫ですよ。
      研究頑張って下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です